HOME>イチオシ情報>社会福祉士として活躍!専門大学で知識と技術を備えておこう

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士の仕事は多岐に渡り、高齢者や身体・知的にハンディキャップのある人のサポート、ひとり親家庭などの相談にのったりします。そのため、様々な知識が必要不可欠になってくると言えるでしょう。また、介助を行なう際も適した行動が必須になってくるため社会福祉士の仕事は資格がないと行なうことができません。ですが、業務に関しては無資格でも行なうことはできます。無資格の場合、業務範囲が限られてくるため社会福祉士として活躍したいのであれば資格を取得しておくようにしましょう。

道のりは様々

社会福祉士を目指す場合、必ずしも専門大学に通わなければ資格を取得することができないというわけではありません。社会福祉士の資格を取得するまでの道のりは複数に分けられるため、自分に合った方法を選んで学び、資格取得を目指すと良いでしょう。基本的には専門大学に通い、資格取得を目指す人が多いと言えます。

4年制専門大学から資格取得を目指すまでのルート

授業

4年間しっかりと学ぶ

専門大学で4年間、必要な知識と技術を学んでいきます。社会福祉士の資格を取得するための試験対策なども学んでいくことができるため、より効率良く資格を取得しやすくなるでしょう。

社会福祉士国家試験を受ける

指定科目を履修することで社会福祉士国家試験を受けることができます。試験に合格することで次のステップに進むことができるでしょう。

社会福祉士資格登録をする

社会福祉士国家試験に合格したら登録を行なうようにしましょう。登録を行なっていないと社会福祉士を名乗ることはできないので忘れずにすぐ行なうことが大切です。

社会福祉士として活躍!専門大学で知識と技術を備えておこう

勉強

指定科目を履修できる4年制専門大学が人気の理由

社会福祉士になるためには一般の短大や大学を卒業した後、社会福祉士一般養成施設に1年以上通うことで試験を受けることができます。また、福祉系の専門大学でも指定科目ではなく基礎科目を履修した場合はすぐに試験が受けられるわけではなく半年以上、社会福祉士短期養成施設に通わないといけないので注意しましょう。指定科目を履修できる専門大学の場合、ストレートで試験を受ける資格が得られるため人気を博していると言えます。社会福祉士を目指す人は大学選びに注意し、自身に合った道を歩みましょう。