医療の現場には資格が必須

視能訓練士やマッサージ師は医療分野になっており、人の体に関することですので専門知識と技術が必要になってきます。そのためには勉強をする必要があるのですが、独学では資格を取得することができません。資格取得の試験を受けるためには認定されている学校に通うことが試験を受ける条件になっているため、まずは専門学校に通って受験資格を取得するようにしましょう。

もっと知ろう

専門学校を選ぼう

専門学校は名前の通り、専門分野を学ぶことができる学校になっているため自身に適した専門学校を選んで通うようにしましょう。マッサージ師を目指すのであればマッサージ科があるところへ、視能訓練士を目指すのであれば視能訓練士学科がある専門学校を選ぶと良いです。また、学科がるところは1校ではありません。全国の色々な地域に専門学校が点在しているため、その中から選ぶことが大切です。

医療の専門学校で学べる分野

授業

マッサージ科

マッサージ科に通うことでマッサージ師を目指すことができ、また美容分野でも活躍することができます。人の手を用いてマッサージを施すことでコリや痛みなどを取り除くことができ、医療や介護の現場でも活躍することができると言えるでしょう。

視能訓練士科

視機能障害を持つ人に対し視機能の回復をサポートするのが視能訓練士になります。精密な光学機器を用いるため、機器を扱う知識も必要不可欠になるでしょう。

柔道整復科

柔道整復師を目指す人向けの学科であり、柔道整復師はスポーツなどで負った怪我を治すプロになっています。骨や靭帯、筋や腱を損傷し、捻挫や骨折、脱臼になってしまった人のけがを整復や固定、後療法によって治療していくため正しい治療法を身につけていかなくてはなりません。

鍼灸科

「はり師」と「きゅう師」の国家資格を得ることで鍼灸師になることができます。鍼灸科は鍼灸師を目指す人向けの学科であり、最短3年で目指すことが可能です。はり師は鍼を用いてツボを刺激し、きゅう師はもぐさを燃やして熱の力で刺激をするものであるため、ツボの位置やどこに効くかなど知っておく必要があると言えるでしょう。

理学療法士学科

理学療法士は医師からの指示を元に、患者さんの運動機能や筋力などを測定していきます。そこから治療計画を立てて電気刺激や運動療法で回復機能を高めていくため、専門学校に通って知識を学ぶ他、検査機器の使用方法なども学んでいく必要があります。

視能訓練士やマッサージの専門学校で学んで医療の現場に携わる!

視力検査

夢を目指すための最短ルート

マッサージや視能訓練士などの医療現場で活躍する場合、専門学校に通うことが最短ルートとなります。また、社会人になると目指せないと考える人もいますが専門学校には夜間のところもあります。夜間が設けられている場合、昼間は家事や育児、仕事をして夜から専門学校に通い、学ぶという方法をとることができるため夢を諦める必要はありません。専門学校に通うことで試験勉強も行なうことができるので資格取得もスムーズだと言えるでしょう。

女子大学生

自身に合った専門学校の探し方

高校などを選ぶ際、家から近いところで決める人は少なくありません。しかし、マッサージや視能訓練士を目指す際も同じように家から近いところという理由で選んでしまうと失敗してしまう恐れがあります。いくら家から近いから通いやすいといっても自分に合わない専門学校であれば長く通い続けることは難しいと言えるでしょう。また、学費なども違ってくる点も注意しなければなりません。距離などで選ぶのではなく、自分に合っている学校かどうかで判断することが大切ですので、各専門学校に資料請求を行う他、オープンキャンパスに参加してみると良いです。実際の授業風景などを確認することにより、どういった内容で授業が行なわれているのか把握することができます。

広告募集中